中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

ハルビン空港から市内への行き方【ハルビン空港情報あり】

f:id:Yuuuumi:20191029192051p:plain

こんにちは、ゆうみです。

ハルビンで11日間を過ごし、日本へ戻って来ました。

ということで、早速ですがハルビン航空から市内への行き方と、ハルビン空港の情報をまとめてみました。

 

 

ハルビン空港から市内へ(行き)

 

ハルビン空港から市内への行き方としては、主に以下の2通りです。

 

  • 空港バス
  • タクシー

 

それでは、詳細を見ていきましょう。

 

空港バス

 

まず注意ですが、ハルビン空港は国際ターミナルと国内ターミナルが別の場所にあります

空港バスは国内ターミナルから発車しているので、国際ターミナル到着後、国内ターミナルへ移動しなければなりません。(国際・国内ターミナル間の無料バスあり。所要時間約5分、20分感覚で運行)

 

バス料金は一律20元(≒350円)となっています。

 

空港周辺の写真を撮るのを忘れていました…、こちらのページにいい感じの写真があったのでご参照くださいm(_ _)m

ameblo.jp

 

時刻表

 

m.heb.bendibao.com

*全て中国語表記

 

「中国語で書かれていてよく分からない…」という方のために→たいていの観光客の目的地となっている二つの場所の路線をご紹介しますね。

  • 中央大街: 3号線
  • ハルビン駅:飛行場快速線(中国語:机场快线)

 

先ほどご紹介したブログでも書かれているのですが、例え中国語ができなくても、予め紙につぎの中国語を書いておき、窓口で提示すれば問題なくチケット購入できます。

 

  • 中央大街(日本語中国語ともに同表記) ▲张
  • 哈尔滨火车站(日本語:ハルビン駅) ▲张

▲の部分に必要なチケット枚数を記入してくださいね。(张=枚)

 

タクシー

 

実際に私が利用した交通手段はタクシーです。

飛行場から一歩出ると、タクシー運転手から「どこ行く?」「▲▲元で連れて行くよ」などと声を掛けられます。

が、外国人に対しては法外な価格を提示してくることがあるので気をつけましょう。

実際に私の友人(ロシア人)は600元(≒9,000円)というありえない金額を提示されたとのこと。

 

ハルビン市が定めているおおよそのタクシー価格はこちら。

f:id:Yuuuumi:20191029195803p:plain

 

  • 中央大街、ハルビン駅まで:100元(≒1,500円)

注:上記の価格には、高速道路料金などは含まれていません。

おすすめはタクシー

私と夫は乗り合いをしました。乗り合いメンバーは、私と夫、日本へ留学している中国人学生、日本で仕事をしている中国人ミセスの合計4人。

 

少しきつい思いはしましたが、タクシー料金はひとグループあたり30元(≒450円)。グループ単位の支払いなので、私と主人は2人で30元でした。

 

ということで、ひとり当たり15元(≒225円)となり、バスの20元(≒300円)よりも安くなります

 

国際・国内ターミナル間の移動やバスの待ち時間を考えると、タクシーの方がはるかにスムーズで、移動時間も短縮できるのでおすすめです!

 

市内からハルビン空港へ(帰り)

 

行きと同様に、空港バスやタクシーでハルビン空港へ向かうことができます。私は配車サービスを利用して空港へ向かいました。その理由は、

 

  • タクシー:朝早い出発だったので、タクシーをつかまえることができるか分からない。
  • 空港バス:時刻表がなく、20〜30分間隔で運行されているバス→いつ来るか読めない。

 

というわけで、日本でもサービスを開始しているDiDi出行で配車予約をしました。

注:中国でDiDi出行を利用するためには、中国版DiDi出行のアプリをダウンロードしなければなりません。

こちらのページで詳しく解説されていたので、ご参照ください。

clifehack.com

 

DiDi出行出行の評価

 

  • 時間厳守:(実のところ…時間通りに来てくれるか不安でしたが)ナント!予約時間の20分前には、待ち合わせ場所に来てくれました。
  • 車:今回ハルビンで乗った車の中で、一番綺麗で清潔◎
  • 対応:運転が丁寧+態度も◎(車から降りるときにドアを開けてくれました)

ということで、ユーザー体験はとてもよかったです。

ちなみに、利用料金は100元に高速料金の30元を加えた=合計130元(≒1950円)でした。 

 

注意1:ラッシュ、交通渋滞

朝夕のラッシュ時に移動する場合は、余裕を見て早めに出発しましょう。

ちなみに、私は朝10時発のフライトでしたが、朝6時には家をでました。

ハルビンの交通渋滞はとても酷いです。朝は7時〜9時ぐらいまでラッシュが続くので早めの出発を!!

 

注意2:運転手とのコミュニケーション

タクシーや配車サービスを利用する際は、「国際ターミナルへ行く」とはっきり伝えておきましょう。

 

というのも、ハルビン空港は、国際ターミナルよりも国内ターミナルの方が大きく、国内ターミナルを利用する人のほうが多いので、間違って国内ターミナルへ連れていかれる可能性があるからです。

 

と言うわたしも、誤って国内ターミナルへ連れていかれました。(きちんと伝えてはいましたが…)

ハルビン空港

 

ここからは、ハルビン空港(国際ターミナル)についての情報をお伝えしますね。

 

ラウンジ

 

ラウンジ…と言うよりは、小さな喫茶店?休憩所??のような場所があります。

わたしと夫はここで、一杯48元(≒720円)のブルーマウンテンコーヒーを注文しました。

f:id:Yuuuumi:20191029212301p:plain

軽食も提供しています

…さらっと書きましたが、めっちゃ高いです。

他にも、アメリカンコーヒーやカフェラテもなどがあるのですが、値段は38元(570円)〜48元(720円)と強気の価格設定

 

わたし達は1時間半ほど滞在したのですが、その間はほとんど貸切状態

たまーにやって来るお客さんも値段を見て帰ってしまう人が大多数という状況。

 

f:id:Yuuuumi:20191029212241p:plain

喫茶店の様子

 

ちなみに、「飲み物の持ち込み禁止」という貼り出しがあったのですが、店員のお姉さんに聞いてみたら、持ち込みOKとのこと。

 

というわけで、持っていた水やパンを口にしながら、のんびり過ごすことができました。

f:id:Yuuuumi:20191029210521p:plain

持ち込みOK!

 

免税店

 

免税店は3店舗ほどありましたが、タバコやお菓子、飲み物くらいしか販売していないので、特に買うものはありません

f:id:Yuuuumi:20191030193133p:plain

 

私は5元(≒75円)で水を購入しました。

 

その他空港設備

 

  • お湯と水:待合場所にはサーバーが設置されているので、無料でお湯と水を飲むことができます。(注意:ただし、紙コップはありません

 

今回学習したこと:

 

無料でお湯が飲めるので、カップラーメンや紙コップを予め用意しておくのが良い◎

 

さらに言えば、紙コップと個装のインスタントコーヒーを用意しておけば、喫茶店で720円も出してコーヒーを飲む必要がないですよ。

 

  • 充電:充電可能なコンセントが至るところにあり、スマホの充電可能。
  • WiFi:フリーWiFiがあります。

 

以上、ハルビン空港から市内への行き方と、ハルビン空港情報でした。

 

それでは、皆さまの旅が素敵なものになりますように。