中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【留学生活学び】とりあえず、人の目は気にしない

f:id:Yuuuumi:20191008192947p:plain

3年半に及ぶ中国での留学生活では、主に中国語の勉強に励んでいたのですが、中国で暮らしていくうちに、「生き方」について考えさせられることが多々ありました。

今回は、中国留学中に感じとった「生き方」についてお伝えしたいと思います。

 日本の常識は海外の常識でない

 これはみなさんも良く耳にされていることかと思いますが、私も中国で生活し、各国からやってきた留学生と触れ合うなかで「日本の常識は海外の常識ではない」ということを肌で感じ取ってきました。

 

以下、私の実体験をご紹介したいと思います。

実体験

  • 微笑んではいけない:ロシアなどの東欧諸国においては、意味もなく微笑んでいると「ちょっとおかしい人」と思われるので、初対面の人に対して意味もなく微笑みかけてはダメ。「むすっと」しているのが正解とのこと。
  • ありがとう、を言わない:よそよそしい感じ(他人行儀)になってしまうので、“親しい間柄では「ありがとう」を言わない”。とのこと。(中国東北部など)

上述した2つの例は、日本の常識とは“正反対の”常識と言えます。

 

もちろん日本で暮らす以上、日本の常識を理解しておくことは大切ですがその常識に“必要以上に”縛られる必要もない、とのことではないでしょうか。

「生き方」は人それぞれ

日本で生活をしていると「有名大学を卒業して→新卒で安定した会社に入社して→勤め上げる」という人生における暗黙のルールが、頭の中にインプットされているのではないでしょうか。

 

ところが、中国で知り合った留学生たちの人生設計は皆それぞれで、驚くことも多々ありました。

留学生の多様な生き方

まず、私の親友のロシア人の生活についてお伝えしたいと思います。

 

彼女は大学卒業後も中国に留まりながら、現在はアルバイトのような仕事をし、生活費のほとんどは同居している彼女の母親が負担しています。

 ★彼女の現在について、詳しくはこちらをご参照ください。

日本だと「親のすねをかじっている」と、批判を受けてしまいそうですが、友人もその母親も“楽しく”生活しており、誰かに何か言われる理由もありません。

 

つぎに、かつてルームメイトだったインドネシア出身の女性について、彼女は現在インドネシアで中国教室を開き、中国語を教えるかたわら、インドネシア・中国間の貿易にもチャレンジし始めています。

 

最後に、ひょんなことから知り合いになったマレーシア人の女性についてです。韓国人アイドルにはまってしまった彼女は現在、韓国にあるエンターテイメント系の企業で、インターン生として働いているとのことです。

f:id:Yuuuumi:20191008200014p:plain

みんな、それぞれの人生を送っています

皆の人生はそれぞれですが、共通点は「生き生き」と人生を送っていることです!

 最後に

一度外国で生活してみると、知らないうちに“日本の常識で自分自身を「縛っている」ということ”に気付かされます。

 

もしかすると、日々皆さんの頭を悩ましている「こうしなければ」や「ああしなければ」という問題は、海外では問題にすらならないかもしれません

 

海外での暮らしは、文化的なものの習得はもちろんですが、このように精神的な気づきをも、もたらしてくれます。

 

日々の生活に息苦しさを感じたとき、留学とまではいかなくとも、旅行などで海外に生き、現地の空気を吸ってみて、一度思考をリセットしてみるのもいいのかもしれません。