中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【考察】 ピアス着用でテレビ出演禁止~からみる男女の不平等感

f:id:Yuuuumi:20191007190746p:plain

テレビ番組出演時、ピアスの着用を禁ずる」ダイバーシティ(多様化)が盛んに叫ばれている昨今において、こんな驚きの規制が中国では新たに施行されるとのことです。

今回は、その新しい規制の詳細を中心にお伝えしながら、男女の平等感について考えてみたいと思います。

ピアス着用が禁止となった理由

ピアス着用が禁止となったのは、男性芸能人だけです。実はここに、ピアス着用禁止至った経緯のヒントが隠されています。

ピアス着用が禁止になった理由

着用禁止理由それは

 「女性っぽいから」ということらしいです。

 

」と思われたみなさん、安心してください。私も最初夫からこの理由を聞いたとき頭の中は「」でいっぱいでした。

 

確かに、歴史的にみるとピアスは女性がすることが多かったようです。しかし、現在ではすっかりファッションの一部となり、男女関係なく単純におしゃれを楽しむためにピアスを着けていると思われるのですが…。

f:id:Yuuuumi:20191007195534p:plain

ピアス=”女性っぽい”のでしょうか?

(ピアスの話題は一旦置いておいて)ちなみに、確かに中国の芸能界では俗にいう“女性っぽい”(=キレイ系の)男性芸能人が増えているということです。

ご参考:キレイ系の男性芸能人“張芸興”さん:张艺兴图片壁纸_张艺兴高清桌面壁纸_美桌网 女性の私よりも美意識が高そうですね、見習わなければ…。

 ネットの反応

さて、この報道を受けて中国のネット民はどのような反応をしているのでしょうか?

大半は「反対」の態度をとっています。

 

「ではピアスを外せば“男らしく”なるのか?」や「ピアスを着けるか着けないかを決めるのも一つの権利。男性だって“美しさ”を追求する権利がある」といった意見が見られました。

 

ごもっともな意見です。

男女の不平等感

ところで、私はこのニュースを目にして「男女の不平等感」を感じずにはいられませんでした。

 

というのも「では女性に対しては?」(=“男性っぽい女性”は特に規制がないのか?)と感じたからです。

 

私の通っていた女子大学はその昔、ズボンは男性が着るものだからという理由で「ズボン着用禁止」という校則があった、と聞いたことがあります。

 

仮にいま“男性っぽいから”という理由だけで「女性のズボン着用禁止」規制が施行されれば、きっと世界規模で取り上げられ、「女性に対する不平等」が叫ばれるんだろうな、と思ったのです。

f:id:Yuuuumi:20191007200931p:plain

少し話が支離滅裂になってしまいましたね。

 

つまり何が言いたかったかというと、性別を理由にして「男性だから」「女性だから」と区別すると、「“女性だから”は差別だ」という声の方が(現状では)力があると思うのです。

 

というわけで、男性が生きにくい社会だな、と女性の立場から少し男性に対して同情してしまったのです。

最後に

さて、今回は“テレビ出演時、男性芸能人のピアス着用禁止”という内容を中心に“男女の不平等感”についてもお話させていただきました。

 

ちなみに、個人的な意見ですが、“男性のピアス”、私は全く問題ないと思っています。お互いにお互いの“個性”を認め合える平和な社会になって欲しいなと、願うばかりです。

 

参考:广电新规:男星上节目不能戴耳钉,此番限“娘”令网友表示不支持

   ピアスの歴史は数千年?起源からファッション文化に至るまで | MICHA