中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【中国留学その後】タイで日本語教師として働く

f:id:Yuuuumi:20190927191055p:plain

本シリーズでは「中国に留学した人ってどんな道に進んだんだろう?」という疑問にお答えすべく、留学生のその後についてお伝えしています。

 

今回は、漢語国際教育コース(中国語の教師を目指すコース)を履修しながらも、現在は日本語教師としてタイで活躍している知り合いについてご紹介します。

 プロフィール

  • 氏名:美咲さん(仮名)
  • 年齢:22歳(当時)
  • 性別:女性
  • 略歴:日本の大学を卒業後、中国へ留学。漢語国際教育コース(修士)を履修
  • 留学の目的:大学では中国語を専攻していた美咲さんは、単純に「中国へ留学してみたかった」とのこと。

性格〜真面目〜

雑務をいとわない 

留学先大学の国際交流課担当者から雑用(日本の大学から送られてきた日本語のメールや資料を中国語に翻訳する、日本語で資料を作成する等※本来であれば大学の仕事です)を頼まれても快く受け入れていた美咲さん。

 

そんな美咲さんをみて彼女のクラスメートは「美咲さんが大学に利用されているのでは…?」と心配していました。

卒論に取り組む姿勢 

美咲さんはクラスで一番真面目に卒論に取り組んでいました。というのも、指導教員から指摘を受けようが受けまいが、卒論を何度もなんども書き直していたからです。

 

そんな美咲さんをみて彼女のクラスメートは「 提出期限に間に合わず、留年(あるいは退学)してしまうのではないか」とひやひやしていました。

ボランティア精神

日本人留学生であれば、留学中に少なくとも一度は日本語を勉強している中国人学生から日本語の質問を受けることがあるでしょう。

 

私も含め多くの日本人留学生は、最初は親切に教えていたけれど、回数を重ねるごとに少しづつ面倒になっていく…というパターンが多かったのです。

 

しかし、美咲さんはここでも持ち前の真剣さと真面目さを貫き、中国人学生からの質問にうまく答えることができなかった場合、ネットや本で調べまず自身で理解し、その後中国人学生に回答していました。

ターニングポイント

日本語への関心

もともとは中国語に興味があった美咲さんですが、中国語を教えていくうちに日本語への興味が高まっていきました。 そして、「日本語教師になりたい」と思うようになったのです。

 

とはいえ、日本で「未経験且つ資格もない人物を日本語教師として受け入れてくれるところはない」と悩んでいました。

恋人の存在

修士2年目の夏頃、美咲さんにはタイ人の彼氏ができました。そのタイ人の彼は、タイ人留学生組の間では「筋金入りの真面目さ」で有名な人物でした。

いつも穏やかな雰囲気を漂わせているタイ人の彼は、美咲さんにはぴったりの人物でした。

ターニングポイントを経て

中国の大学を卒業後、美咲さんはタイ人の彼とタイへ渡り、その後タイにて結婚しました。「タイで日本語を教えるつもり」と言っていた美咲さんの嬉しそうな笑顔が印象的でした。

f:id:Yuuuumi:20190927193415p:plain

タイは中国でも人気の旅行先です。

現在

現在美咲さんは、ご主人とタイで暮らしています。日本語を教える一方で、観光客向けのカフェを開いているとのこと。

 

相変わらず何事にも真剣に取り組む美咲さんは、この数年間でタイ語を習得し、カフェに訪れた日本人観光客からは「日本語がお上手ですね」と言われ、タイ人に間違われてしまったこともあったそうです。

中国語は役立っているのか?

カフェを訪れる中国人観光客と雑談をする程度で中国語を使っている、とのことです。すっかり現地の生活に溶け込み、毎日楽しく暮らしている美咲さんでした。

留学生、卒業後何してる?シリーズについて

「留学生、卒業後何してる?」シリーズ、そのほかの記事についてはこちらから

www.okktimes.com