中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【おすすめ中華料理】千里香@池袋、上野

       f:id:Yuuuumi:20190902111729p:plain

 シリーズ第2回目、私がおすすめする中華料理店をご紹介します。今回は池袋と上野に店舗を構える「千里香」さんです。それでは、レッツゴー♪

★シリーズ1回目でご紹介したお店については、こちらをご参照ください。 

【おすすめ中華料理屋】「逸品火鍋」@池袋 - 中国おっかけ★たいむず

 公式ホームページ

公式ホームページがありました!まずアクセスなどはこちらで詳細ご確認ください。

ちなみに 外観(お店入り口)はこんな感じです(池袋店)。雑居ビルの7階にあります!

f:id:Yuuuumi:20190908095907p:plain

お店のコンセプト

千里香では中国東北料理のなかでも「延辺料理」を提供しているとのことですが、そこで気になるのが…?(以下)

「延辺」とは?

中国の少数民族である「朝鮮族」の自治州です。

私は実際に中国へ行くまで「朝鮮族」という少数民族の存在を知りませんでした。少数民族といえば「伝統民族に身を包んだ人たち」というイメージしかなかった私にとって朝鮮族という存在はとても新鮮に感じられました。

ちなみに、日本に来てから朝鮮族の方と知り合いになりました。彼の母国語は韓国語で、中国語と日本語も話せるトリリンガルです。(羨ましい…!)

「延辺」(朝鮮族自治州)の料理ということで、提供された箸も韓国で使われている鉄製の箸でした。純粋な中国料理店であれば、提供されるお箸はよくあるプラスチック製のものです。(実際に撮影した写真を紛失してしまったので、以下の写真はフリー画像からお借りしました。)

f:id:Yuuuumi:20190908102627p:plain

お店の雰囲気

f:id:Yuuuumi:20190908103208p:plain

公式ホームページにも、たくさん店内の写真がアップされていますが、私もせっかく写真を撮ったので載せておきます。ちなみに、当日店内で流れていた曲は少し前の日本のポップス(宇多田ヒカルなど)でした。

大衆向けの中華料理店なので、特別雰囲気がいい、というわけではないですが店内は清潔で、従業員の方も非常に感じが良いので、普通に食事をするには何ら問題ありません。

メニュー

今回注文した料理はこちら

f:id:Yuuuumi:20190908103051p:plain

(左上から時計回りに)前菜(よく韓国料理店で無料で提供される小皿料理です)、春雨サラダ、大学芋、牛肉の煮込み(水煮肉片)

f:id:Yuuuumi:20190908104917p:plain

羊の串焼き(上)※串が自動で回転するような造りになっているので、自分で串をひっくり返す必要がありません。調味料(下)この調味料を少しかけるだけで、一気に中国味になります。

正直、私にはラム肉の違いがあまり分からないのですが、主人曰く「ここのラムは美味しい」とのことでした。

ちなみに、主人は牛鞭の串も注文していました。牛鞭…?「牛の陰茎」です。食感は牛すじ?に似た感じでした。興味のある方はぜひ。

味付け

辛い★★★★:普段辛いものを食べ慣れている主人でさえ「辛い…」と言っていました。もともと春雨サラダと、牛肉の煮込みを注文していたのですが、どちらの料理も結構な辛さだったため「何か辛くない料理を…!」ということで、急きょ大学芋を注文しました。 

辛いものが苦手な方は、少し注意して料理を注文しましょう。辛いの大好き、激辛WELCOMEな方は積極的に赤い料理をTRY!

客層

日本人2人以外は、中国人のお客さんでした。たまに韓国語が聞こえてきたので、延辺出身の朝鮮族の方も来ていたのではないかと思います。

食事の目的

私と主人は午後3時頃にお店に到着。昼食兼夕食にしようと、割とボリュームのある品目を注文しましたが、周りのお客さんは冷麺だけ、チヂミだけ、という方もいたので、ささっと食事を済ませたい、という方にも良いのかもしれません。

f:id:Yuuuumi:20190908110445p:plain

朝鮮族の料理店だけあって、メニューにも韓国料理が載っていました

今回のお会計

上記の料理と飲み物(ソフトドリンクを2杯)注文して6,000円ほどでした。やっぱりどこに行っても中華料理店は大抵リーズナブルですね。

おまけ

おまけ1.サービス券くれました、次回500円引き♪

f:id:Yuuuumi:20190902112757p:plain

おまけ2.お会計が終わって、さて帰ろうと思ったところ目に留まった芸能人サイン入り写真。よく見ると…「石原さとみ?!」かなりの半信半疑で一応写真を撮りました。

後日「千里香」の公式ホームページに「石原さとみご来店!」の記事を確認、ようやく信じるに至りました。(石原さとみ=「池袋の中華料理」のイメージがどうしても合わなかったので…。どちらかというと、石原さとみ=「代官山のフレンチ」じゃないですか?)

f:id:Yuuuumi:20190902112930p:plain

こんなにもリーズナブルに石原さとみと同じものを食べることが出来るのは「千里香」だけかも?ということで、興味のある方はぜひ試しに行ってみてくださいね。