中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【日中露のリーダー】とその国民たち

3カ国それぞれのリーダー達

 

夫が中国人なので、ごくたまに

「習近平って中国人にとって絶対的なリーダーなんでしょ?」

といった質問を受けることがあるのですが、

 

絶対的と言えば絶対的だけれど、

うーん。。。

私からするとあちらのリーダーの方が

「もっと」

絶対的なのである。

 

それはロシア〜国民に対するメッセージ〜

 

遡ること、約6年前、

ロシアの通過であるルーブルはドルに対して大幅下落。

ロシア国民が不安を抱え始めたその時、

プーチン大統領のご登場。

国民に対してメッセージを送ります。

 

「あと▲年待って下さい。

(“▲”年←忘れてしまいました、たしか3年?)

今は辛いかもしれないが、あと▲年待ってくれれば

生活は必ず良くなる。」

 

(注:ロシアの友人であるロシ杏(ロシアン)から

聞いた話につき、実際のスピーチ内容とは差異がある

可能性があります。)

 

「例えば、日本の総理大臣が同じこと言っても、

国民からの支持得られないよね

(だいたいそんなに何年も待てない)」

と私が夫に言ったところ、夫もうなずき、

「たぶん中国人だって、そんなに待てない」

とのことでした。

 

だよね。

 

ロシ杏のお父様

ロシ杏の話を聞くと、どうやら彼女のお父様は

プーチン大統領の「大ファン」だそうで、

 

曰く①「帰国するたびに、プーチン大統領のポスターが増えている」

 

それから半年後

 

曰く②「さらにポスターが増えていたし、

私の部屋にも(勝手に)ポスターが貼られてた」

 

曰く③「ルーブルの価値が下がって

お父さんの退職金全部使っても、買えるのは

ソーセージ1本とパンだけ。」

(私の反応→そんな状況でも支持し続けるの?!)

(注:“曰く③”は信ぴょう性を今でも疑っています)

いつか行ってみたいロシア

f:id:Yuuuumi:20190804132605p:plain

夫の出身地は、黒竜江ハルビン市という所で、

ロシアと国境を接しているため、

ロシア風建築があったり、ロシアレストランがあったりします。

 

小さな頃からロシア文化に触れていた夫は、

いつかロシアに行ってみたいと行っています。

 

真冬には零下30度も当たり前、というハルビンの寒さに

すでに降参している私にとって、「零下50度のときもあるよ」

と言っていたロシ杏の言葉を思い出しただけで

かなり腰が重いのですが…

 

ルーブルも下がったままだし、

今ならお得にロシア旅行に行けるかも?!