中国おっかけ★たいむず

会社を辞めて中国へ留学に行ったら、キャリアも家庭も手に入りました#トリリンガル

【時事】中国から見た日本、「レンタル家族」と「EXEILE、AKIRA」

私はウェイボ(中華圏最大のミニブログサイト)を

たまにのぞいています。

 

↓ウェイボ(日本語版公式サイトもありました)

https://jp.weibo.com/z/

 

日本の話題も上位にランクインしている時があります。

先週末( 2019/7/26)に話題に上ったウェイボを見てみましょう。

 

【1】「レンタル家族」

家族のレンタルサービスを提供する日本の会社が紹介されています。

そういえば、私も少し前にニュースでこの話題を耳にしたような…。

 

ウェイボでは、まるで「日本全国民が利用している」ような印象を与える

記事構成と動画だったため、ウェイボのユーザーからは

 

「まじ奇抜な民族」などと評されていました。

 

一方で、

「素敵なサービス」「私も利用してみたい」

と肯定的なコメントも寄せられていました。

 

家族の結びつきが日本より強いはずの中国なのに?

このニュースをみて、私が思い出したのは、当時中国の街を歩いていると、

至るところで見かけた、親孝行を推奨するスローガン。

 

さすが儒教国家、家族の結びつきが強いのだなと解釈していたので

赤の他人を家族として「借りる」

「レンタル家族」に興味を示す中国人がいることについて

少し意外に感じました。

f:id:Yuuuumi:20190803105609p:plain

 

【2】EXEILE、AKIRAとリン・チーリンの結婚

日本では、ファンの方以外はもう「ちょっと昔のニュース」

となっているのではないか、と思われる

AKIRAとリン・チーリンの結婚。

 

中華圏ではまだまだ話題性のあるニュースのようです。

なんと言ってもリン・チーリンは中華圏の「女神」。

その女神が日本人に嫁いでしまった

衝撃の余波がまだまだ収まっていない、

といったところでしょうか。

 

今回は、交際間もないうちにリン・チーリンが

AKIRAとの結婚を決めた理由について、

「ぴったりのタイミングでぴったりの人に出会えたから」

と述べていることが話題となっているようです。

 

ちなみに、中華圏では

「AKIRAよりリン・チーリンのほうが、何倍も稼ぎがいいだろうに…

家庭は大丈夫か?」と心配する声があるようですが、

…大きなお世話ですよね!